知っているようで知らない贈りものマナー - スイーツ(Sweets)通販「神戸お取り寄せスイーツ」

知っているようで知らない贈りものマナー

贈りものは、自分の気持ちを品物に託して届けることで、 相手に伝えたい自分の気持ちをより効果的にし、
コミュニケーションを更に良くするためのものです。
贈りものを受け取るとうれしく感じるのは、ただ頂いただけではなく、贈り主の心遣いが豊かな気分にさせてくれるからではないでしょうか。
そして、贈りものは【愛をかたちに】する一番確かな方法といえるでしょう。
相手に持っている愛情や、思いやりもかたちにすることで、より気持ちも伝わるでしょう。
すべての贈りものは、相手を思いやる愛が根底にあるということ。
贈りものを贈る、そうすることによって人の心と心を結ぶ糸となり、心を伝え合い、 人間関係をスムーズにする手段ともなります。
贈りものは、「ありがとう」「おめでとう」「よろしく」「元気で」など、伝えたい心があるからこそ贈るものなのです。

先勝
午前中が吉
友引
一日中吉
先負
午後から吉
仏滅
一日中凶
大安
一日中大吉
赤口
正午だけ吉
昔は、物を贈る時に、紙を敷いた台に乗せて目録をつけることがしきたりでした。
目録には内容や数量、贈り主の名前などが書かれていましたが、現在では目録は省略され、今の表書きは、その習慣が簡略化し、相手に贈り物の中身を伝えるために、 のし紙に表書きを書くようになったのです。

蝶結び熨斗つき
お祝い事全般
御中元・御歳暮
結びきり熨斗つき
慶事など
結びきり(紅白)
お見舞いなど
結びきり(白黒)
弔事
何度でも繰り返したいという願いから、簡単に結び直せる蝶結びの水引を使用。 固く結ばれて離れないことから、主に婚礼関係の祝事。
快気祝いなどの内祝にも。
重ねて起きてほしくないとの思いを込めて。 二度と繰り返したくないお悔やみ事全般。

水引の本数は、 少していねいな贈りものには7本。災害見舞いやご祝儀などには5本。
結婚に関するお祝いは10本を使います。
結婚祝いの水引の数が10本なのは、“夫婦は2人でひとつ”という意味で5本を2つに合わせたものを
一組とするため。

表書きはケースによって書き分けることが必要です。どんな贈り物?贈り主は?それを記したものが表書きです。
上段中央に毛筆で、慶事ならば濃い墨を使い弔事ならば悲しみを表す薄墨を使います。 (ボールペンはNG)
下段中央には、贈り主の名前を上段の表書きよりやや小さく書き入れます。
贈り主の記名について
一般的なお祝いは、苗字を記載します。
(同姓同名の人がいたり、苗字だけでは伝わりにくい場合はフルネームで記載)
出産の内祝は、下段に子どもの名前だけを書きます。
読み仮名を入れる場合は名前の右側に小さい文字で書きます。
連名の場合は、右から地位や年齢順に。年齢など関係ない場合は五十音順で記入。
会社名を記入する場合は名前の右に少し小さめの字で。
種類 表書き
 季節のご挨拶 御中元・御歳暮・御年賀

 結婚祝い

寿・壽・祝御結婚・御結婚御祝・御祝
 出産祝い 御祝・ 御安産御祝・御出産御祝・祝出産
 お宮参り 御祝・お宮参り御祝
 お食い初め 御祝・祝御食い初め・祝御食初・箸ぞろえ
 初節句 御祝・初節句御祝・祝初節句・ 初雛御祝(女児)・初幟御祝(男児)
 七五三 御祝 七五三御祝
 入園・入学・進学
御入園御祝・御入学御祝・御進学御祝・御祝
 卒業・就職祝い 御卒業御祝・御就職御祝・御祝
 成人式 御祝 祝御成人 御成人御祝
 長寿祝い 寿福・御祝
 新築祝い・引っ越し祝い 御祝・御新築御祝・御餞別
 開店・開業 御祝・祝御開店・祝御開業・開店記念・開業記念
 退職 御祝・祝御退職・祝御退官・御餞別・御贐(中途退職などの場合)
 結婚記念日 御祝・祝結婚記念日・金婚式御祝・銀婚式御祝
 その他お祝い事全般 御祝
 日常の挨拶全般 粗品
 お見舞い 御見舞
 法事 御仏前・御供物料
種類 表書き ― 贈り主の記名
 結婚祝い 寿・内祝 ― 新郎新婦の連名
 出産祝い 内祝 ― 子供の名前
 お見舞い 快気祝
 弔事・法事 志 ― 施主名

内祝いとは、慶事に頂いたお祝いへの返礼品・お返しであるという捉え方が一般的です。
内祝いの贈り物は、記念日から1ヶ月以内を目安にお贈りしましょう。後から頂いた場合も、頂いた日から1ヶ月以内には
お贈りするのがマナーです。
また、ギフトのみお贈りするのでなく、メッセージカードにお礼の言葉を添えて贈るようにしましょう。
内祝がいらない場合もあります。
お中元・お歳暮・転勤・退職・災害のお見舞・入園・入学・卒業・就職・成人式などは礼状や電話でお礼を述べるのが一般的です。
基本的にはお返しは不要ですが、相手との関係によってお返しをします。
お世話になったり、助けてもらったりした際に、 ちょっとしたお礼の贈り物・ギフトに最適なお手頃プライスのプチギフトなら、
贈り先様に気を使わせないスマートな贈り物になりますね。


熨斗の包装には、包装紙の内側に熨斗紙をかける内熨斗と、包装紙の外側に熨斗紙をかける外熨斗があります。
内熨斗
品物に直接熨斗紙をかけ、その上から包装する。控えめに贈りたい場合。
外熨斗
包装後に熨斗紙をかける“外熨斗”を使います。贈り物を強調したい時や
持参して手渡す場合。
内熨斗、外熨斗どちらにしてもマナー違反ではありません。
その時々の場面で使い分けます。

一般的に正式マナーとしては、熨斗紙をつけて贈ります。
気のおけない、親しい相手にはリボンラッピングで贈られても良いでしょう。
その場合は、メッセージカードなどで、どのような贈り物なのかを贈られる方に
お知らせしましょう。
熨斗の包装をする場合には、リボンでラッピングをすることはありません。





返品について

返品Aパターンについて

商品の特性上、ご返品は承る事が出来ません。 商品不具合の場合は、到着後2日以内にメールでご連絡下さい。 尚、その場合の送料は当店が負担致します。 交換にて承ります。

万一、運送中の破損や初期不良品、あるいはご注文と違う商品が届いた場合は、メールまたは電話にてご連絡ください。返送料は当店負担で良品と交換させて頂きます。 但し、お客様のご依頼によるお取り寄せ商品、不良品、破損以外の返品はお受けできませんので、予めご了承ください。

Closed MyPage